抜毛症に理解のある美容室シエスタ カーサ(SiESTA CASA)さんをご紹介します。

http://siestacasa.s1.bindsite.jp/
t02200118_0260014013111532748

お店には、こんな素敵なシャンデリアがありますし、鏡もキラキラです。

といっても、お店の外観はシックで、商店街に溶け込んでいます。

お店の名前ですが、「シエスタ」=「昼寝」、「カーサ」=「家」ということは、日本語でいうと「昼寝の家」になるのでしょうか…(違っていたらゴメンナサイ)?

場所は、東京の高円寺です。東京メトロ 丸の内線 新高円寺駅から歩いて3分くらいです。

店長さんの西沢さんです。
t02200118_0260014013111205271

西沢さんの縮毛矯正や超ダメージヘアの方の施術をお目当てに、遠くから多くのお客様が見えているそうです。

そんな西沢さんのブログに、抜毛症のお客様への愛にあふれた応援メッセージを発見しました。
http://casataka.blog.fc2.com/blog-entry-563.html

西沢さんのコメントを抜粋します。

=========

彼女は
過去美容院で散々な事を言われて辛い思いをしてきました。

「自分でスキバサミで切るな」やいろんな美容師さんが代わる代わる
見てみたり、興味の目で見られ、
抜毛症の知識が無い故に、
「なんで抜くの??」的なひどい事を
言われたと思います。

彼女は美容院不振からくせ毛を活かせる美容師さんをブログで探し
遠くからご来店いただきました。
最初の一歩はすごく勇気がいると思います。
本当にありがとうございます。


過去には言われるのがいやでスキンヘッドにして
カツラをかぶっていた時期もあるそうです。

若い女性がそこまで思うのって相当だと思います。

(中略)

最後に
ご来店時は帽子で来たのですが、
帰りは

「きれいになったので、帽子はかぶんないで帰ります」

って笑顔で言ってくれた時

涙しそうでした。

=========

 

そしてこの後、抜毛症の方々への暖かいメッセージが続きます。

=========

この記事は彼女に許可を取って「抜毛症」について
触れさせていただきました。

程度の問題はあるのですが、かなり多い症状です。気をつけてください。

無意識に髪を触ってしまうクセがあるのでしたら要注意です。

髪を引っ張るクセをやめて、「なでなで」に変えてください。

西沢からできるアドバイスはこれだけなんです。

=========